雨漏り110番松戸店のブログ

雨漏り修理後の止水確認検査 修理後漏れてこないことを確認

雨漏り修理工事が終わり、お引き渡しをする前に、修理したところから本当に漏れてこなくなったのかを確認します。

お引渡し前検査と言ったり、止水確認検査と言ったりする、散水検査です。

散水調査を行い、雨水の浸入位置を探し出します。その位置を修理して、そこから再度漏れてこないかを確認して、お引渡しを行う。これが一連の流れになります。

修理工事があ終わって、さすがに次の大雨が降るまで様子を見ましょう、と云うわけにはいきませんので、止水確認検査を行い、お引渡しをします。

その止水確認検査の様子です。

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、

松戸市の雨漏り110番松戸店高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ https://amamori-matsudo.jp/

雨漏りお客様インタビュー https://amamori-matsudo.jp/news/20190307_227
☆外壁塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて

動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。

ALC版と基礎の取り合いから 浸入 外部からシーリング材が充填できない

床のフローリングが黒ずんできて、壁にも黒ずみが出てきました。

雨漏りと考えて、床のフローリングを撤去してありました。

内部から確認すると、基礎とALCの取り合い部分から雨水が浸入している痕跡が確認できます。

外部からシーリング材を充填できれば、それで止まることもありますが、今回はできない事情があります。

隣の擁壁が迫ってきており、外壁と擁壁との隙間が15cmくらいしかありません。

この様な場合、どの様にしていけばいいのでしょうか?

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、

松戸市の雨漏り110番松戸店高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ https://amamori-matsudo.jp/

雨漏りお客様インタビュー https://amamori-matsudo.jp/news/20190307_227
☆外壁塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて

動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。

《雨漏り調査・修理の関連ブログ》

雨漏り調査の事例 】はこちらでご確認下さい。

雨漏り修理工事の事例 】はこちらでご確認下さい。

《外壁塗装・屋根塗装の関連ブログ》

外壁塗装の事例 】はこちらでご確認下さい。

屋根塗装の事例】はこちらでご確認下さい。

《防水工事の関連ブログ》

防水工事の事例】はこちらでご確認下さい。

ウレタン防水の事例】はこちらでご確認ください。

《お住まいの地域での事例はこちらからご確認ください》

お住まいの地域の施工事例】はこちらからご確認ください。

足場解体で雨漏り修理完了(株)ダイフレックス:ダイヤセラトーシツプラス・スーパーセランフレックス

雨漏り修理完了で、足場の解体です。

今回の雨漏りは、ALC版の外壁で2階のサッシから雨水が浸出していました。

版間目地のシーリング、ひび割れ補修、開口部廻りのシーリング材打替えの下地補修を行ってから、防水塗装をしています。

防水塗装の材料メーカーは(株)ダイフレックスです。

下塗りはダイヤセラトーシツプラスを多孔質(砂骨)ローラーで2回塗り、上塗りはダイヤスーパーセランフレックスを2回塗りし、防水塗装をしています。

雨漏りの保証も3年間です。

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、

松戸市の雨漏り110番松戸店高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ https://amamori-matsudo.jp/

雨漏りお客様インタビュー https://amamori-matsudo.jp/news/20190307_227
☆外壁塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて

動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。

《雨漏り調査・修理の関連ブログ》

雨漏り調査の事例 】はこちらでご確認下さい。

雨漏り修理工事の事例 】はこちらでご確認下さい。

《外壁塗装・屋根塗装の関連ブログ》

外壁塗装の事例 】はこちらでご確認下さい。

屋根塗装の事例】はこちらでご確認下さい。

《防水工事の関連ブログ》

防水工事の事例】はこちらでご確認下さい。

ウレタン防水の事例】はこちらでご確認ください。

《お住まいの地域での事例はこちらからご確認ください》

お住まいの地域の施工事例】はこちらからご確認ください。

雨漏り修理 外壁サイディングを剥がしてみると予想以上に柱にダメージが・・・

散水調査の結果から、雨漏りを修理する工事に進んでいます。

外壁のサイディングを剥がしてみると、雨ジミの後が確認できます。

想像以上に雨水が浸入していいて、ダメージが大きくなっていることも、剥がしてみて初めて確認できます。

今回は、柱のダメージが想像以上の状態でした。ただ、このまま塞ぐわけにはいきませんので、柱を補強する工事を行い、外壁を復旧していきます。

サイディングを剥がしてみて、の状況の動画です。

雨漏りでお困りの建物の持ち主の方は、この動画でご確認くださ い。

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、

松戸市の雨漏り110番松戸店高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ https://amamori-matsudo.jp/

雨漏りお客様インタビュー https://amamori-matsudo.jp/news/20190307_227
☆外壁塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて

動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。

《雨漏り調査・修理の関連ブログ》

雨漏り調査の事例 】はこちらでご確認下さい。

雨漏り修理工事の事例 】はこちらでご確認下さい。

《外壁塗装・屋根塗装の関連ブログ》

外壁塗装の事例 】はこちらでご確認下さい。

屋根塗装の事例】はこちらでご確認下さい。

《防水工事の関連ブログ》

防水工事の事例】はこちらでご確認下さい。

ウレタン防水の事例】はこちらでご確認ください。

《お住まいの地域での事例はこちらからご確認ください》

お住まいの地域の施工事例】はこちらからご確認ください。

雨漏り修理と同時に外壁塗装 足場仮設作業編

今回は雨漏りの修理と同時に外壁塗装を行います。

元々、雨漏りの原因が分かって修理をするときに、外壁塗装を屋根塗装も工事したいと考えていたそうです。

確かに雨漏り修理で足場を架けて、また何年か後に外壁の塗装で足場を架けるのでは、無駄が生じてしまいますよね。

それを避けるために、今回は雨漏り修理と外壁塗装を同時に行います。

雨漏りが発生するのは築年数には関係がありませんが、10数年過ぎていて雨漏りが発生している建物では、同時に工事することはよくあります。

雨漏りでお困りの建物の持ち主の方は、この動画でご確認くださ い。

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、

松戸市の雨漏り110番松戸店高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ https://amamori-matsudo.jp/

雨漏りお客様インタビュー https://amamori-matsudo.jp/news/20190307_227
☆外壁塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて

動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。

《雨漏り調査・修理の関連ブログ》

雨漏り調査の事例 】はこちらでご確認下さい。

雨漏り修理工事の事例 】はこちらでご確認下さい。

《外壁塗装・屋根塗装の関連ブログ》

外壁塗装の事例 】はこちらでご確認下さい。

屋根塗装の事例】はこちらでご確認下さい。

《防水工事の関連ブログ》

防水工事の事例】はこちらでご確認下さい。

ウレタン防水の事例】はこちらでご確認ください。

《お住まいの地域での事例はこちらからご確認ください》

お住まいの地域の施工事例】はこちらからご確認ください。

ページ上部へ